/*管理者名*/

初心者でもタイピングが好きになるブログ~《マイリズム成長録》~

「パソコンが苦手、初心者だけど早くなりたい!自信をつけたい!」と思っているあなたへ!最終的には「理想の自分になれるブログ」を目指します!

はじめてのブラインドタッチ。頭にいれておく3つのポイント

こんにちは~マイリズ発見伝のダイです。

 昨日は、タイピング始めたばかりは10分間に100文字程度しか

文字を打てなかった私がどのように練習してきたのか?これをお伝えしました。

 

 

※まだの人はこちらから

   ↓  ↓

苦労したから分かった、タイピングの練習法 - マイリズム発見伝

 

 

 

カル~く前回のおさらいしておきましょう!

 

 

ポイントは3つでしたよね。

 

 

1「ブラインドタッチの習得」

(まずは一本打ち[一指連打法])でもいいので)

 

2「あいうえお5連打」

(記事を書く前の「ウォーミングアップ」)

 

3「一気打ち」

※「リズムよく打つ」一定のリズムで「タッタッタッタッタッ」)

 

 

 

1つ目の[一指連打法]よりも断然「10指連打法」(じゅっしれんだほう)の方が早く打てることでしたよね~

※変な造語作っちゃいました(笑)

 

 

 

その中で最も大事なこと。それは・・・

 

 

『練習すること』でしたよね~

一に練習、二に練習、三四も練習、五に練習

くどいって言われそうです(笑)

 

 

「速くなれる」には「早く慣れる」ことが重要なのですよね~

 

 

 

「10指連打法」で「あいうえお5連打」コレやっていただけましたか?

まだの方はやってくださいね!

 

 

 

前回の記事まだの方はコチラ

   ↓   ↓   ↓

http://www〇〇〇]

 

 

 

今日はそのブラインドタッチで気を付けなければいけない3つのこと。

必ず頭に入れておくべき3つのこと。

 

このことについて話を進めていきたいと思います。

 

昨日お伝えしたブラインドタッチをすると記事作成が速くできる。

 

だから「やろうね~」「覚えようね~」といいました。

 

だけども、

具体的なやり方まではまだ話していませんでした。

なので、どのようにブラインドタッチを練習していけばいいのか?

それをお伝えしていきますね~

 

 

 

 

 

今日のテーマは?

 

「はじめてのブラインドタッチ。頭にいれておく3つのポイント」

 

 

さあ!いっきますよ!!

 

 

 

 

まず、ブラインドタッチって何でしょう?!

そうですよね~キーボードを見ずにキーを打つことですよね~

 

 

「そんなこと知っているよ~」って。

まあまあそんなこと言わずに聞いてちょうだい(笑)

 

キーボードを見ずキーを打つ⇒つまり「目隠しでキーを打つ」

 

そんな感じなのですよね~

 

 

実際に目元に手ぬぐいとか巻き付けてやってみると、どんなんかよ~くわかります(笑)

わたしも実際やってみたことあります。

 

「真っ暗状態で打つ」

 

傍目からみると「お前、何やってんの?」って笑われそうですが(笑)

 

 

何を言いたいのかというと「非常に難しい」っていうことです。

でも、それでも習得していただきたい!そう思っています。

 

 

なぜなら、

 

前回でも言いましたが、それだけやる価値があるっていうこと。

”ブログ記事”の『作成時間を思いっきり短縮できる』からなのですよね~

 

 

ではどうやって覚えていくのか?そのポイントを3つご紹介していきます。

 

 

 

 

いきなり今日の答えになります。

ブラインドタッチを始めて覚える人に必ずやってほしいこと。3つ言いますね~

 

 

ポイント1「ホームポジションを覚える」

ポイント2「キーを見ない」

ポイント3「打ったら戻す」

 

 

この3つ。

 

私が「ブラインドタッチを練習」で

実際に「オッこれはいいな!」と感じたことなのですよね~

「実体験で得た習得法」なのですよね~この3つのことは・・・

 

 

「なあ~んだ、単純じゃん」そう思ったでしょ!いま(笑)

 

 

 

◇一つ目の「ホームポジションを覚える」

 

ひょっとしたら「ホームポジション」ってそもそも何?

こんな風に思った人もいるかもしれません。

 

 

・「ホーム」とはあなたの家、つまり故郷、帰るべきところですよね~

 

そして

 

・「ポジション」とは位置、場所のこと。

 

つまり、

 

☆「あなたの指の帰るべき場所」のことなのです(笑)

 

 

・左手の人差し指の位置がキーボードの「F」

・右手の人差し指の位置がキーボードの「J」

 

 

「F」と「J」のキーの表面には

「ポッチ」(ボタン)または「出っ張り」あります。

 

ここに指を置いておくのですよね~

 

 

「指をポッチに乗せておく」

 

コレが「あなたの指の帰るべき場所」

つまり「ホームポジション」なんですよね~ジャンジャッジャ~ン!!(笑)

 

これをまず覚えましょう!

指の皮膚感覚に全神経を集中させるのがコツです。

 

 

 

◇ポイント2「キーを見ない」

 

ブラインドタッチとは?

「目隠しされたような状況でキーをたたく」まさに、そんな状態(笑)

 

つまりキーボードを見ないでたたく。

 

なのに、なのに見てしまっては「全く意味ナイ」です。

せっかく練習しても何にもならない。悲しい結末になります(笑)

 

キーを見ていては画面見ることできないでしょ?!

 

キーをマジマジ見ているわけだから、

その分遅くなっちゃいますよね~キーをたたくのが(笑)

 

 

はじめて練習するときからやるのがベスト!!

 まだ変な癖がつくまでに覚えてしまうのが後々ラクできます。

なので、画面だけ見る癖をつけていきましょう!必ずできますから。

 

わたしも一から思えたのですから、

あなたにだってきっとできますよ~練習さえしていれば・・・

 

 

 

◇ポイント3「打ったら戻す」

 

この「打ったら戻す」これは自分の打ちたい文字を打った後に、

先ほどの説明した「ホームポジション」に指が戻っていないことなのですよね~

 

「ホーム」あなたの故郷、そこに

「指ちゃんが戻れていない」ってことなんですよ(笑)

 

だから、

 

「指ちゃん」を「お家に帰してあげる」

 

これは非常に大事です。超重要!!要チェックポイントです。

 

 

この指を戻すことを覚えれば、

もうブラインドタッチを習得できたも当然!!間違いございません(笑)

笑っていますが、本気の本気のマジ本気です。

 

 

 

この上記3つのポイントを守れば、守りさえすれば、

 

これであなたも「ブラインドタッチマスター」です。

おめでとう!!ぱちぱちぱち。

まだ気が早いかな(笑)

 

 

 

 

 ハイ、いかがだったでしょうか?

 

 

 

今日のテーマは[はじめてのブラインドタッチ。頭にいれておく3つのポイント]

 

 

ブラインドタッチを習得するとき(する前)に是非やってほしい

この「3つの項目」この「3つのポイント」

これがとっても重要なのですよね~必要なのです、ハイ

 

 

 

 

ブラインドタッチ習得の近道は次の3つでしたよね~

 

 

ポイント1「ホームポジションを覚える」

ポイント2「キーを見ない」

ポイント3「打ったら戻す」

 

 

まずは「ホームポジション」から覚えましょう!

ここから「ブラインドタッチマスターへの道」がはじまります。

 

 

ホームポジション」これをまず覚えましょうね~

指の感覚を研ぎ澄ませてやってください!

 

 

指ちゃんに集中、指ちゃんに集中(笑)ここから始めてみてください!

きっと「ブラインドタッチマスター」なれますよ。きっと!!

 

分からない点あったら気楽に質問してちょ(笑)(^O^)

 

 

あなたの「指ちゃん」

ちゃんと「お家」に帰っているでしょうか?

 

ホームポジション」コレまず覚えましょうね!

マイリズ発見伝のダイでした。それではまた!